2017年09月08日

2017年9月9日分の予想

阪神9R 鳥取特別
◎6 タガノグルナ
○2 ペガサスシャーイン
▲3 ペルランヴェール
△7 ウォーターマーズ
×5 ホーリーブレイズ
×1 アルムチャレンジ
×4 サハラファイター

単複6 馬単 2=6 3=6 2=3 6ー7 6ー5 6ー1 6ー4

馬連 2ー6 3ー6 2ー3 6ー7 5―6 1ー6 4ー6

3連複 EA→BFD@C、EB→FD@C、EF→D@C

3連単 フォーメーション(30点)1着EAB 2着EAB 3着EABFD@C

タガノグルナは適鞍の前走が案外も着差は大幅に詰めている。距離延長は大歓迎だし、楽逃げがみえみえのメンバー。叩き3走目でもあり、4角先頭なら逃げ切りの公算大。

10R 野分特別
◎1 グラットシエル
○8 サウンドテーブル
▲4 サトノグラン
△5 ギモーヴ
×7 フロムマイハート
×6 ビオラフォーエバー

単複1 馬単 1=8 1=4 4=8 1=5 1―7 1―6

馬連 1―8 1―4 4―8 1―5 1―7 1―6

3連複 @G→CDFE、@C→DFE、@D→FE、@FE

3連単 フォーメーション(24点)1着@GC 2着@GC 3着@GCDFE


グラットシエルは適鞍でコンマ4秒差3着と初の古馬相手にメド。コース替わりは問題ないし、番手から優位に進められるメンバー。最内枠からスンナリならアッサリまで。人気薄の3才勢○▲との組み合わせが最大の狙い目。

11R エニフステークス
◎4 ウインムート
○1 ブライトアイディア
▲8 ゴーインググレート
△15 イーデンホール
×6 ピンポン
×10 ナガラオリオン
×12 マイネルバールマン

単複4 馬単 1=4 4=8 1=8 4―15 4―6 4―10 4―12

馬連 1―4 4―8 1―8 4―15 4―6 4―10 4―12

3連複 C@→GNEIK、CG→NEIK、CN→EIK

3連単 フォーメーション(30点)1着C@G 2着C@G 3着C@GNEIK


ウインムートは地方交流重賞でコンマ3秒差3着。中央に戻るがOP特別で楽逃げがみえみえのメンバーなら力が入る。スンナリ先手から4角先頭なら逃げ切りの公算大。

中山9R アスター賞
◎7 ノームコア
○6 クレバーバード
▲5 ルッジェーロ
△2 トッカータ
×4 マイティーワークス

単複7 馬単 6=7 5=7 5=6 2=7 4=7

馬連 6―7 5―7 5―6 2―7 4―7

3連複 FE→DAC、FD→AC、FAC

3連単 フォーメーション(18点)1着FED 2着FED 3着FEDAC

ノームコアは新馬戦で番手から抜け出し楽勝。他馬のと力関係は未知数も前走通りなら好戦必至。当然、連勝まで見込みたい

10R 鋸山特別

◎3 ブランシェクール
○2 カルムパシオン
▲1 ウェイトアンドシー
△13 ブレスアロット
×11 ポッドクヒオ
×4 レインオーバー
×12 アンプラグド

単複3 馬単 2=3 1=3 1=2 3―13 3―11 3―4 3―12

馬連 2―3 1―3 1―2 3―13 3―11 3―4 3―12

3連複 BA→@LJCK、B@→LJCK、BL→JCK

3連単 フォーメーション(30点)1着BA@ 2着BA@ 3着BA@LJCK


ブランシェクールは唯一の降級馬。前走大敗も久々で度外視。6戦4連対と好相性の中山に替わるのは良いので、叩き2走目で行きっぷり良化なら激変の余地は十分ある。人気も手頃で狙い目は十分。

11R 紫苑ステークス GIII
◎13 ミッシングリンク
○6 ジッパーレーン
▲7 ポールヴァンドル
△9 プリンセスルーラー
×11 カリビアンゴールド
×14 ナムラムラサキ
×3 ライジングリーズン

単複13 馬単 6=13 7=13 6=7 13―9 13―11 13―14 13―3

馬連 6―13 7ー13 6ー7 9ー13 11―13 13―14 3ー13

3連複 LE→FHJMB、LF→HJMB、LH→JMB

3連単 フォーメーション(30点)1着LEF 2着LEF 3着LEFHJMB


ミッシングリンクは復帰後B@C着。前走は昇級で古馬相手に首差4着とメド。格上挑戦も3才限定なら全く問題なし。控えてもいいが、ここはまともならハナが切れるメンバー。賞金面からここは目イチ勝負なのは明らかで、開幕週を味方にスンナリ先手から4角先頭なら出走権確保の公算大。

前日発売 9月10日(日)
阪神11R セントウルS GII
◎7 ファインニードル
○14 フィドゥーシア
▲3 アルティマブラッド
△2 メラグラーナ
×12 ラヴァーズポイント
×9 ミッキーラブソング
×11 スノードラゴン

単複7 馬単 7=14 3=7 3=14 7ー2 7―12 7―9 7―11

馬連 7―14 3―7 3―14 2ー7 7―12 7―9 7―11

3連複 FM→BAKHJ、FB→AKHJ、FA→KHJ

3連単 フォーメーション(30点)1着FMB 2着FMB 3着FMBAKHJ


ファインニードルは再昇級で5着と1番人気を裏切るもコンマ2秒差。本来よりもテンに行けなかった分も堪えたか。今回はまともならハナか番手から優位に進められるメンバー。前々走で勝った舞台でもあり、当時の競馬ができれば前進必至。開幕週でもあり、ここはキッチリと決めてG1へ進みたいところ。

中山11R 京成杯オータムH GIII
◎5 マルターズアポジー
○13 ダノンリバティ
▲11 アスカビレン
△16 マイネルアウラート
×6 グランシルク
×9 ウキヨノカゼ
×10 ダノンプラチナ

単複5 馬単 5=13 5=11 11=13 5ー16 5ー6 5―9 5―10

馬連 5ー13 5ー11 11ー13 5ー16 5ー6 5―9 5―10

3連複 DL→JOEHI、DJ→OEHI、DO→EHI

3連単 フォーメーション(30点)1着DLJ 2着DLJ 3着DLJOEHI

マルターズアポジーは前走が本来の姿。前々走は人気過剰で前走は人気がなさすぎた。開幕週で再度楽逃げがみえみえのメンバー、枠もマズマズで条件が揃った。ハンデ頭が嫌われるのならむしろ好都合。スンナリ先手から4角先頭なら逃げ切り連勝の公算大。人気勢よりも番手ないし好位組▲△との組み合わせに妙味。
posted by 植野直行 at 23:59| Comment(0) | 17年4回阪神・4回中山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

熟女の動画が一気に集結!