2017年06月02日

2017年6月3日分の予想

阪神9R 戎橋特別
◎3 ダイアナヘイロー
○9 トーセンクリス
▲4 パーリオミノル
△10 ミンナノプリンセス
×12 スナークスカイ
×8 フェザリータッチ
×15 ゲンキチハヤブサ

単複3 馬単 3=9 3=4 4=9 3−10 3−12 3−8 3−15

馬連 3−9 3−4 4−9 3−10 3−12 3−8 3−15

3連複 BH→CIKGN、BC→IKGN、BI→KGN

3連単 フォーメーション(30点)1着BHC 2着BHC 3着BHCIKGN

今週からクラス替えなので、簡単に方針を説明。条件クラスは降級馬優先が基本。ダイアナヘイローは久々で首差2着。降級組の中でも力上位で、叩き2走目なら負けられない。

10R 三木特別
◎6 エーティーサンダー
○1 ウインクルサルーテ
▲4 テオドール
△8 プリンセスアスク
×9 マイネボニータ
×3 プリモンディアル
×5 サイモンラムセス

単複6 馬単 1=6 4=6 1=4 6−8 6−9 6−3 6−5

馬連 1−6 4−6 1−4 6−8 6−9 3−6 5−6

3連複 E@→CGHBD、EC→GHBD、EG→HBD

3連単 フォーメーション(30点)1着E@C 2着E@C 3着E@CGHBD


エーティーサンダーは昇級でコンマ5秒差7着も出遅れが堪えた。発馬五分で本来の積極策なら即巻き返して当然。降級なら尚更でまともなら負けれない一戦。

11R 鳴尾記念 GIII
◎8 スマートレイアー
○3 マイネルフロスト
▲9 ステイインシアトル
△4 スズカデヴィアス
×10 ミュゼエイリアン
×7 レッドソロモン
×5 バンドワゴン

単複8 馬単 3=8 8=9 3=9 8−4 8−10 8−7 8−5

馬連 3−8 8−9 3−9 4−8 8−10 8−7 5−8

3連複 GB→HCIFD、GH→CIFD、GC→IFD

3連単 フォーメーション(30点)1着GBH 2着GBH 3着GBHCIFD

スマートレイアーは久々、しかもG1でコンマ2秒差4着。牡馬相手も叩いてG3なら前進必至。自在脚質もハナか番手から展開も向きそうなメンバー。デムーロJ騎乗で8戦6勝と大得意の阪神でもあり、今度こそ決めたい。

東京9R 国分寺特別
◎12 サンクロワ
○2 エンジニア
▲11 ディリジェンテ
△5 マイネルベレーロ
×3 ラーナアズーラ
×9 フローラデマリポサ
×10 シトロン

単複12 馬単 2=12 11=12 2=11 12−5 12−3 12−9 12−10

馬連 2−12 11−12 2−11 5−12 3−12 9−12 10−12

3連複 KA→JDBHI、KJ→DBHI、KD→BHI

3連単 フォーメーション(30点)1着KAJ 2着KAJ 3着KAJDBHI


サンクロワは復帰後BA着。確固たる逃げ馬不在で展開も向きそうなメンバー。降級でもあり、まともなら負けられない一戦。

10R 稲村ヶ崎特別
◎7 アジュールローズ
○3 ケンホファヴァルト
▲8 スクエアフォールド
△4 アーバンキッド
×1 ドレッドノータス

単複7 馬単 3=7 7=8 3=8 4=7 1=7

馬連 3−7 7−8 3−8 4−7 1−7

3連複 FB→GC@、FG→C@、FC@

3連単 フォーメーション(18点)1着FBG 2着FBG 3着FBGC@


アジュールローズは久々で8着もコンマ4秒差。叩いて2段階の降級なら負けられない一戦。楽逃げがみえみえ○との組み合わせが最大の狙い目。

11R 麦秋ステークス
◎13 プレスティージオ
○6 ベストマッチョ
▲1 ボールライトニング
△9 トウショウカウント
×15 ゴールドスーク
×7 コアレスキング
×10 クワドループル

単複13 馬単 6=13 1=13 1=6 13−9 13−15 13−7 13−10

馬連 6−13 1−13 1−6 9−13 13−15 7−13 10−13

3連複 LE→@HNFI、L@→HNFI、LH→NFI

3連単 フォーメーション(30点)1着LE@ 2着LE@ 3着LE@HNFI


プレスティージオは復帰後@I着。昇級の前走が案外も降級なら即巻き返して当然。楽逃げがみえみえのメンバーでもあり、スンナリ先手から4角先頭なら逃げ切りの公算大。

前日発売 6月4日(日)
東京11R 安田記念 GI
◎10 クラレント
○15 イスラボニータ
▲8 エアスピネル
△17 ヤングマンパワー
×7 グレーターロンドン
×5 コンテントメント
×12 ビューティーオンリ

単複10 馬単 10=15 8=10 8=15 10−17 10−7 10−5 10−12

馬連 10−15 8−10 8−15 10−17 7−10 5−10 10−12

3連複 IN→GPFDK、IG→PFDK、IP→FDK

3連単 フォーメーション(30点)1着ING 2着ING 3着INGPFDK


クラレントは昨年8着もコンマ5秒差。G1では若干足りない印象も得意コースでハナか番手から優位に進められそうなメンバーなら満更でもない。昨秋の勝ち馬が不在の組み合わせなら尚更の事。前走が本来の姿で人気がなさ過ぎた。今回も人気皆無だがむしろ好都合。ここは迷わず狙い撃ちといきたい。
posted by 植野直行 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 17年3回阪神・3回東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450478279

この記事へのトラックバック

熟女の動画が一気に集結!