2017年04月28日

2017年4月29日分の予想

京都9R あやめ賞
◎10 ドリームソルジャー
○13 ライオネルカズマ
▲1 ケンシュナウザー
△12 インウィスパーズ
×9 グラットシエル
×2 クリノヤマトノオー
×8 スズカフロンティア

単複10 馬単 10=13 1=10 1=13 10−12 10−9 10−2 10−8

馬連 10−13 1−10 1−13 10−12 9−10 2−10 8−10

3連複 IL→@KHAG、I@→KHAG、IK→HAG

3連単 フォーメーション(30点)1着IL@ 2着IL@ 3着IL@KHAG

ドリームソルジャーは適鞍でコンマ2秒差2着と即巻き返し。控えてもいいが、恐らく楽逃げがみえみえのメンバー。まともなら今度こそキッチリと決めたい。

10R 烏丸ステークス
◎1 プリメラアスール
○11 ノーブルマーズ
▲12 ウインスペクトル
△9 ダノンアローダ
×8 サトノエトワール
×10 サラトガスピリット
×6 ヤマカツポセイドン

単複1 馬単 1=11 1=12 11=12 1−9 1−8 1−10 1−6

馬連 1−11 1−12 11−12 1−9 1−8 1−10 1−6

3連複 @J→KHGIE、@K→HGIE、@H→GIE

3連単 フォーメーション(30点)1着@JK 2着@JK 3着@JKHGIE


プリメラアスールは重賞で健闘。牡馬相手も2着の実績がある適鞍なら即巻き返して当然。逃げても控えても力は出せるので、最内枠からスンナリなら勝ち負けの期待大。なぜか人気皆無だがむしろ好都合で、ここは迷わず狙い撃ちといきたい。

11R 天王山ステークス
◎1 イッテツ
○13 ナンチンノン
▲14 ジープルメリア
△9 ブルドッグボス
×10 コウエイエンブレム
×8 ペイシャモンシェリ
×16 シゲルカガ

単複1 馬単 1=13 1=14 13=14 1−9 1−10 1−8 1−16

馬連 1−13 1−14 13−14 1−9 1−10 1−8 1−16

3連複 @L→MHIGO、@M→HIGO、@H→IGO

3連単 フォーメーション(30点)1着@LM 2着@LM 3着@LMHIGO


イッテツは初ダートで8着もコンマ6秒差。ダートの適性は高そうなので、距離短縮なら期待が膨らむ。ハナにはこだわらないので、最内枠からスンナリならアッサリまで。人気皆無も好都合でここは迷わず狙い撃ちといきたい。

東京9R 秩父特別
◎6 レーヌドブリエ
○8 バウトナカヤマ
▲3 ニシノカブケ
△9 ドゥーカ
×10 アドマイヤツヨシ
×11 マコトサダイジン
×1 アポロノホウリン

単複6 馬単 6=8 3=6 3=8 6−9 6−10 6−11 6−1

馬連 6−8 3−6 3−8 6−9 6−10 6−11 1−6

3連複 EG→BHIJ@、EB→HIJ@、EH→IJ@

3連単 フォーメーション(30点)1着EGB 2着EGB 3着EGBHIJ@

レーヌドブリエは昇級後BGA着。前々走は出遅れで度外視。前走同様、発馬さえ五分なら今度こそ順当に決めたい。

10R 春光ステークス
◎1 アドマイヤロケット
○12 キングルアウ
▲2 バイオンディップス
△10 シャイニービーム
×11 セセリ
×6 スリータイタン
×7 デビルズハーツ

単複1 馬単 1=12 1=2 2=12 1−10 1−11 1−6 1−7

馬連 1−12 1−2 2−12 1−10 1−11 1−6 1−7

3連複 @K→AIJEF、@A→IJEF、@I→JEF

3連単 フォーメーション(30点)1着@KA 2着@KA 3着@KAIJEF


アドマイヤロケットは久々で圧勝。同型が揃うもハナにこだわるタイプは皆無。最内枠でまともならハナは切れるはず。4角先頭なら逃げ切り連勝の期待大。

11R 青葉賞 GII
◎12 イブキ
○6 アドマイヤウイナー
▲5 ダノンキングダム
△2 サーレンブラント
×11 トリコロールブルー
×9 ベストアプローチ
×10 アドミラブル

単複12 馬単 6=12 5=12 5=6 12−2 12−11 12−9 12−10

馬連 6−12 5−12 5−6 2−12 11−12 9−12 10−12

3連複 KE→DAJHI、KD→AJHI、KA→JHI

3連単 フォーメーション(30点)1着KED 2着KED 3着KEDAJHI

イブキは叩いて一変。長丁場にもメドが立ち、是非ともダービーに出走したいクチ。ハナか番手から展開も向きそうなので、前走通りなら権利取りの公算大。人気も手頃で狙い目は十分。

新潟11R 邁進特別
◎14 ラインミーティア
○13 レヴァンタール
▲9 スペチアーレ
△2 グラミスキャッスル
×1 ダノンアイリス
×7 ミキノドラマー
×4 ゼットフーリ

単複14 馬単 13=14 9=14 9=13 14−2 14−1 14−7 14−4

馬連 13−14 9−14 9−13 2−14 1−14 7−14 4−14

3連複 ML→HA@FC、MH→A@FC、MA→@FC

3連単 フォーメーション(30点)1着MLH 2着MLH 3着MLHA@FC

ラインミーティアは現級の安定株。OPで4着の実績がある直線競馬なら力上位は明らか。ハンデもマズマズで、外めの枠から実力通りならキッチリと決めたいところ。

前日発売 4月30日(日)
京都11R 天皇賞(春) GI
◎12 ゴールドアクター
○3 キタサンブラック
▲15 サトノダイヤモンド
△17 ヤマカツライデン
×6 シュヴァルグラン
×10 アドマイヤデウス
×1 シャケトラ

単複12 馬単 3=12 12=15 3=15 12−17 12−6 12−10 12−1

馬連 3−12 12−15 3−15 12−17 6−12 10−12 1−12

3連複 KB→NPEI@、KN→PEI@、KP→EI@

3連単 フォーメーション(30点)1着KBN 2着KBN 3着KBNPEI@


ゴールドアクターは久々でコンマ4秒差5着と上々の滑り出し。乗り替わり?も吉と出れば好転の可能性は十分。二強ムードも本領発揮なら力差はないので、人気急落の今回はむしろ狙い目。ここは迷わず狙い撃ち。あとは逃げる△と不当に低評価のアドマイヤ特注。二強の一角を崩せば思わぬ高配当も!?
posted by 植野直行 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 17年3回京都・2回東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

熟女の動画が一気に集結!