2017年07月14日

2017年7月15日分の予想

中京9R マカオJCT
◎15 ピュアコンチェルト
○4 ラグナグ
▲7 タガノミルキー
△17 レイリオン
×12 タマモイヤリング
×11 ウイングタイガー
×2 ペスカネラ

単複15 馬単 4=15 7=15 4=7 15ー17 15ー12 15ー11 15ー2

馬連 4ー15 7ー15 4ー7 15ー17 12ー15 11ー15 2ー15

3連複 NC→FPKJA、NF→PKJA、NP→KJA

3連単 フォーメーション(30点)1着NCF 2着NCF 3着NCFPKJA

ピュアコンチェルトは降級でコンマ3秒差3着。出遅れ癖がネックで終い一辺倒もこのメンバーなら力上位は明らか。現級2走目でハマれば今度こその構え。

10R インディアT
◎6 アンデスクイーン
○1 クリノフウジン
▲13 タガノアンピール
△11 ハイパーノヴァ
×8 ワンダーピルエット
×10 カルムパシオン
×14 デグニティクローズ

単複6 馬単 1=6 6=13 1=13 6ー11 6ー8 6ー10 6ー14

馬連 1ー6 6ー13 1ー13 6ー11 6ー8 6ー10 6ー14

3連複 E@→LJGIM、EL→JGIM、EJ→GIM

3連単 フォーメーション(30点)1着E@L 2着E@L 3着E@LJGIM


アンデスクイーンは復帰後EA@着。昇級も逃げ差し自在で大崩れがないし、ハンデ差を生かせば互角以上にやれていい。枠もマズマズで初戦の今回が狙い目。

11R マレーシアC
◎7 ストロングタイタン
○8 ストーンウェア
▲5 スモークフリー
△4 ゼウスバローズ
×2 コウエイワンマン
×6 アースライズ
×11 フロリダパンサー

単複7 馬単 7=8 5=7 5=8 7ー4 7ー2 7ー6 7ー11

馬連 7ー8 5ー7 5ー8 4ー7 2ー7 6ー7 7ー11

3連複 FG→DCAEJ、FD→CAEJ、FC→AEJ

3連単 フォーメーション(30点)1着FGD 2着FGD 3着FGDCAEJ

ストロングタイタンは唯一の降級馬。前走は重賞で5着と条件クラスなら力上位は明らか。テンにも行けるので大崩れがないし、久々さえクリアできれば負けられない。

福島9R 郡山特別
◎14 クリーンファンキー
○11 ブロワ
▲6 プエルトプリンセサ
△10 ルノートル
×3 グリニッチヴィレジ
×4 ケイビイノキセキ
×2 トーセンアルバータ

単複14 馬単 11=14 6=14 6=11 14ー10 14―3 14―4 14―2

馬連 11―14 6―14 6―11 10―14 3ー14 4―14 2―14

3連複 MJ→EIBCA、ME→IBCA、MI→BCA

3連単 フォーメーション(30点)1着MJE 2着MJE 3着MJEIBCA

クリーンファンキーは上級でコンマ2秒差5着。大外枠でも降級で恐らく楽逃げのメンバーなら即勝ち上がって当然。あとは久々だけ。

10R 信夫山特別

◎4 サトノシャーク
○7 マシェリガール
▲10 ネイチャーレット
△6 サブライムカイザー
×3 デルマサリーチャン
×9 ラルプデュエズ
×1 ハヤブサライデン

単複4 馬単 4=7 4=10 7=10 4ー6 4ー3 4ー9 4ー1

馬連 4ー7 4ー10 7ー10 4ー6 3ー4 4ー9 1ー4

3連複 CF→IEBH@、CI→EBH@、CE→BH@

3連単 フォーメーション(30点)1着CFI 2着CFI 3着CFIEBH@

サトノシャークは久々で勝ち上がり。唯一の3才馬で6戦して全て4着以内と底を見せていない。初の直前輸送に課題はあるが、叩いた上積みは見込めそうだし長丁場もいいので、ここもアッサリ突破なら秋が楽しみな器。

11R 安達太良S
◎5 エネスク
○8 コスモカナディアン
▲12 トゥルーウインド
△6 クラシックメタル
×11 ジャッカスバーク
×4 ショウナンカサロ
×14 クインズサターン

単複5 馬単 5=8 5=12 8=12 5ー6 5ー11 5ー4 5ー14

馬連 5ー8 5ー12 8―12 5ー6 5ー11 4ー5 5ー14

3連複 DG→KEJCM、DK→EJCM、DE→JCM

3連単 フォーメーション(30点)1着DGK 2着DGK 3着DGKEJCM


エネスクは昇級で6着と案外も降級なら即巻き返して当然。しかもローカル場所で同じ降級馬○が久々なら尚更。脚質的にコース替わりは大歓迎で、まともなら楽逃げのメンバーなら逃げ切りの公算大。

函館11R STV杯
◎8 ワカコマタイヨウ
○9 デスティニーソング
▲12 キャンディバローズ
△11 レーヴムーン
×7 ミスドバウィ
×10 エリシェヴァ
×3 ライトフェアリー

単複8 馬単 8=9 8=12 9=12 8―11 8―7 8―10 8―3

馬連 8―9 8―12 9―12 8―11 7―8 8―10 3―8

3連複 GH→KJFIB、GK→JFIB、GJ→FIB

3連単 フォーメーション(30点)1着GHK 2着GHK 3着GHKJFIB

ワカコマタイヨウは復帰後4走目で逃げ切りV。ハナにはこだわらないが、この枠でこのメンバーなら恐らく先手は奪えるはず。昇級も前走同様、スンナリ先手から4角先頭なら連勝まで。人気皆無も好都合でここは迷わず狙い撃ちといきたい。

前日発売 7月16日(日)
函館11R 函館記念
◎15 ヤマカツライデン
○10 ステイインシアトル
▲7 マイネルミラノ
△1 サトノアレス
×14 タマモベストプレイ
×6 アングラフェイン
×3 ナリタハリケーン

単複15 馬単 10=15 7=15 7=10 15ー1 15ー14 15ー6 15ー3

馬連 10ー15 7ー15 7ー10 1ー15 14ー15 6ー15 3ー15

3連複 NI→F@MEB、NF→@MEB、N@→MEB

3連単 フォーメーション(30点)1着NIF 2着NIF 3着NIF@MEB


ヤマカツライデンはG1で大敗は仕方がない。少し間を開けて再スタートの一戦。G3でハンデも手頃、平坦小回りと条件好転なら激変の余地は十分。外枠もこのメンバーなら先手は奪えるはず。スンナリ先手から4角先頭なら逃げ切りまで。人気も手頃で狙い目は十分。
posted by 植野直行 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 17年3回中京・2回福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熟女の動画が一気に集結!